自然に話すためのアドバイス

あがり症は、ゆっくり話すと楽になるの?

投稿日:2014年5月17日 更新日:

「あがり症の人はゆっくり話すとあがりにくい」と言われることがあります。

確かに、効果がある場合もありますが、必ずしも効くとは言えません。

もし、あがってしまう原因が「速く喋らないと!」と思い込んでしまっている場合であれば、「慌てて話すのは良くない。むしろゆっくりぐらいが丁度いい!」と考え方をかえることで、あがりにくくなることはあると思います。

でも、原因が違う場合は、むしろ逆効果になることも。

ゆっくり話さないといけないというルールのように感じてしまうと、余計に頭が真っ白になってしまう方もいらっしゃいます。

言いたいことをはっきりさせてから、自然体で話そう

一度、他の人の会話を観察していただきたいのですが、意外と「えーと、なんだっけなあ」という感じで考えこんだり、間があったりするものです。

あがり症の人は、無意識に「間があってはいけない」と思い込んでいて、次から次へと話さないといけないと焦りがち。

間があっても大丈夫なので、自分の中で何を言いたいのか一度考えてから口にだすようにしてみましょう!

スピードに関しては自分が話しやすい速度で大丈夫。言いたいことを明確にしていれば、話す速度で人からイライラされたりすることもありませんよ。


yudo

-自然に話すためのアドバイス

Copyright© あがり症克服ナビ , 2017 AllRights Reserved.