仕事の悩み

あがり症の人に向いてる仕事とは?

投稿日:2014年4月28日 更新日:

あがり症の人でも、生活をしていくために働かなくてはいけません。

「人前に出るのが辛いし、どういう仕事をしたらいいんだろう」と悩んでいる方も多いですね。

あがり症の方でも、立派に役立てられる才能があるはず。「人が苦手だから」ということで新聞配達などをするのはちょっと勿体無いですね。

あがり症であることを活かす

「舟を編む」という、辞書の執筆を題材にした映画がありますが、主人公の馬締さんは典型的なあがり症です。

好きな女の子を前にすると固まって話せなくなるし、慌ててドアに頭をぶつけるシーンがありますので、共感される方も多いです。

人と接するのがとことん苦手な馬締さんですが、黙々と言葉と向き合い、辞書を執筆する仕事には非常に向いていて、大成功を成し遂げます。

技術や趣味を生かせる仕事を考えてみると、あがり症を活かして幸せな人生を送れるかもしれませんね!

克服できそうな仕事についてみる

いきなり外回りの営業マンになるのは難しいですが、量販店の店舗の接客業などであれば、あがり症を克服する場になる可能性もあります。

というのも、「接客」とは言いますが、実際にお客さんと会話したりすることはあまり無いからです。

聞かれたとしても、せいぜい商品の場所であったり、互換性を聞かれたりということでしょうから、あまり緊張せずに答えることができると思います。

重要なポイントは、少しずつ人と接すると同時に、あがり症についてしっかり勉強すること。

正しい方法を知っていれば、あがり症は克服可能です。前向きに取り組んでいきましょう!


yudo

-仕事の悩み

Copyright© あがり症克服ナビ , 2017 AllRights Reserved.