その2:カウンセリングで克服可能!でも、その注意点とは?

前のページでは、病院や薬はあまりおすすめできないということをお伝えしました。

他の方法として、民間施設などのカウンセリングを受けるという方法がありますね。

「話し方教室」という形のものもあれば、個人のカウンセラーが自宅で開業していたり、良心的な精神科医が薬を使わずにカウンセリングで治すことに取り組んでいる場合も。

いずれにしても、しっかり心の仕組みを知っていて、改善する効果的な方法を知っているところを選べば、かなり改善が期待できますよ!

カウンセリングでどんな風に治る?

かなり個人差はあるのですが、本当にあがり症を治せるカウンセラーは、概ね下記のようなステップで治療してくれると思います。

  1. どんな症状があるのかを明確にする
  2. どういう状況下でその症状が出るのか探る
  3. 根底にある思考パターンを探り当てる
  4. 話し合いの中でその思考パターンを変化させる
  5. 変化を定着させて、二度と症状が出ないようにする

治療のスタイルは様々ですので、あなたがどこでカウンセリングを受けるかによって具体的な内容は変わってきますが、上記のステップは共通です。

しかし、中にはこのステップを踏まないカウンセラーもいるので要注意。

カウンセラーを選ぶ時の注意点

病院には資格が入りますが、心理カウンセラーやセラピーになると特に資格がなく開業することができますので、まったく治療する能力のないカウンセラーも存在しますので要注意です。

「緊張しないテクニック」「あがらないおまじない」などと、一方的に対処法を押し付けてくる場合や、「とにかく頑張れ!」と、単なるスパルタの訓練をしてくるようなところ、さらには、専門的な言葉を散りばめながら、その実は単に優しく慰めるだけで大して改善の手助けをせずに、”治療”に依存させて儲けようというところもあります。

ですから、治療の実績がしっかりあり、深層心理への深い理解のあるカウンセラーを見つけなくてはいけません。また、民間の治療施設ということになりますので、料金もかなり差があります。そして、多くの場合はかなり高額です。

まとめると、カウンセリングは効果はありますし、完全に治って全く緊張しなくなる方もいらっしゃいます。ですが、現状を考えると、苦労がつきものだということだと思います。

ですが、あなたはもっと安価で効果の出る「あがり症」改善法を実践できるかもしれません。

実績のある治療を、自宅で受けることができる方法があるからです。

それは一体…


前のページヘ戻る | 次のページヘ進む


投稿日:

Copyright© あがり症克服ナビ , 2017 AllRights Reserved.