すぐに出来る簡単テクニック

「ユーストレス」であがり症を改善する方法|こう考えればうまくいく!

投稿日:2013年3月29日 更新日:

ユーストレス(Eustress)とは、生理学者のハンス・ セリエによって造られた言葉で、”良いストレス”の事です。

初対面の人と会うときや、人前でなにかをするとき、殆どの人は、その緊張がプラスに働いています。

逆に、緊張感が足らないと、必要な集中力が得られなかったり、凡ミスで終わって失敗してしまうことだってあります。

とある辞書によると、「心や体が引き締まること」が緊張の定義です。

この状態は、万人にとっていい方向に働く可能性があります。あがり症だからといって「緊張」が敵であるはずがありません。

では”あがり症”は何が問題なんでしょうか。

悪循環の罠

失敗が悪循環になり、不安がふくれあがり、雪だるま式に転げ落ちていく・・・というのがあがり症の形です。

あがり症の人は、過度に緊張を恐れているんですね。

だから、少しでも緊張を感じると、逃れようと必至にあがいてしまいます。

慌ててしまうのです。

本当は、慌てずに、「適度な緊張がでてきたな!」とポジティブに捉えればいいのです。

「ユーストレス」をキーワードにしてあがり症を改善!

「ユーストレス」という言葉を便利に使ってみませんか?

これからは、この言葉をキーワードにして、あがり症が顔を出したら、「これはユーストレスだ!」と素直に思うようにしてください。

「適度な緊張」よりもちょっとカッコよくて、使いやすい言葉です。

最初は心の何処かに気持ち悪さがありますが、心配いりません。10回・・20回と重ねるごとに、自然と馴染んできます。

日頃から、人前で緊張が良い方向に働いて気が引き締まり、かっこ良くスピーチしている姿を思い浮かべながら、「やっぱユーストレスっていいなあ!」などとイメージトレーニングしてくださいね。

緊張は誰にとっても、敵ではありません。たとえあなたがあがり症だとしてもそうなのです。是非、味方につけて大きな力としてください。また、根本的にあがり症を治す方法を、下記のリンク先で紹介していますので参考にしてくださいね。

あなたも清々しく、人間関係を楽しめるようになることを心より願っています!


yudo

-すぐに出来る簡単テクニック

Copyright© あがり症克服ナビ , 2017 AllRights Reserved.