*

あがり症を克服して、明るく楽しい毎日を送ろう!

カップル心臓がバクバク、頭が真っ白・・・。人前にでると話せない、全身冷や汗でびっしょり。特に異性の前だと緊張で、どもってしまう。

あなたもこんな風にお悩みでしょうか?

「あがり症は性格の問題だから治しにくい」と言われたりしがちですが、でも実は厳密に”性格の問題”というのとは違います。

考え方に、あるパターンができてしまっているのが問題なのです。あなたの素敵な性格はそのままに、あがり症を克服することは可能なんですよ!

当サイトは、あなたがあがり症を克服して、明るく生きていく助けに少しでもなれば幸いです。

あがり症とは?

20110602224843-5S

あがり症に正式な病名ではありませんが、赤面症や多汗症、表情恐怖症などを総称して「あがり症」と呼びます。その症状は人によりさまざまです。

  • 人前では、あがってしまい苦しくなる。
  • 人前に出ると手足が震える。
  • 人と話しをするときに目のやり場に困る。
  • 人前では声が震えたりどもったりしてうまく話せない。
  • 話をするときにあがってしまい話したいことが話せない。
  • 異性や上司、先輩の前だとあがってしまい動きがぎこちなくなる。
  • 人前では顔が赤くなる。
  • 表情が強張り、普通に話したり笑ったりすることができない。
  • あがってしまい汗が異常にでる。
  • 電話にでるとどもってしまい上手く話せない。
  • 周りの人の視線が気になる。
  • 自分の視線が相手に不快感を与えている気がする。
  • 唾を飲み込む時にその音が人に聞こえる気がする。

他にも、多種多様な症状があります。

あがり症になると困る理由は?

あがり症の原因としては、人からどう思われるかを気にしすぎてしまったり、他人の視線や評価を気にしすぎることが多いようです。

軽いものなら、上記のような症状は多くの人が経験したことがあるものですが、あがり症は慢性的にその症状が続くことで、日常生活に支障をきたします。

ひどくなると、「自分をみんなが避けている」とか、「陰で笑ったり悪口を言われている」など、マイナス思考が癖になってしまい、社会に順応できなくこともあります。

さらに、「失敗してはいけない」「バカにされてはいけない」「間違ってはいけない」というような、完ぺき主義的な考えをしてしまい、自分を追い込むことでさらに酷くなる場合があります。

あなたも克服できます!

リラックス克服するために大切なことは、本当の自分の姿を見つけてあげることです。あがり症のあなたは、まだ自分の魅力的な姿に気づいてすらいないのです・・・。

世の中に、完ぺきな人はいません。まわりから「立派だな」とおもわれる人でも、意外と人に言えないような恥ずかしいと思っている事が沢山あるものです。

間違ったり失敗したりしても自分を許せる心の余裕を持つために、まずは自分をそっくり認めてあげてみませんか?正しい方法で自分と向き合ってあげれば、どんどんらくになり、あがり症は改善することが可能ですよ

このサイトでは”あがり症”を克服するのに本当に役立つ情報を配信するように心がけています。是非、あがり症を克服して明るくて楽しい毎日を手に入れましょう!


yudo

投稿日:2013年2月18日 更新日:

Copyright© あがり症克服ナビ , 2017 AllRights Reserved.